化粧筆のお手入れ、取り扱い方法

化粧筆を長くご愛用頂くための取り扱い方法

化粧筆のお手入れ方法

【普段のお手入れ】

・パウダー系ブラシの場合
(パウダーブラシ、チークブラシ、アイシャドーブラシなど)


パウダーブラシの普段のお手入れ

ご使用後は、ティッシュなどの柔らかい紙や布で、毛の部分を軽くなでるように拭いて穂先に含まれたパウダーを落としてください。
強く擦りつけると摩擦で毛が痛み、毛切れの原因となり肌当たりが悪くなりますので、ご注意ください。
臭いや汚れが気になりだしたり、肌当たりがチクチクするように感じたら、クリーナーを使ってやさしく洗ってください。
※すぐに汚れを落とす必要がある場合を除いて、アルコール等が含まれるクリーナーの使用は毛が痛み毛切れを起こしやすくなるので推奨しておりません。

・リキッド系ブラシの場合
(ファンデーションブラシ、コンシーラーブラシ、リップブラシなど)


ファンデーションブラシの普段のお手入れ

ご使用後は、ティッシュなどの柔らかい紙や布で、毛に含まれた油分をやさしく拭って、形を整えて保管してください。
ファンデーションがきれいに仕上がらなくなったり、口紅がムラになり出したら、クリーナーを使ってやさしく洗ってください。

【化粧筆の洗い方】

①クリーナーでしっかり汚れを落とす


化粧筆の洗浄方法

ぬるま湯にクリーナーを少量溶かした中で、やさしく揉み出すように洗います。(洗浄液に汚れが出なくなるまで2~3回程度繰り返します。)
洗浄剤が残らないように十分にすすいだら、ぬるま湯にトリートメントを溶かし入れやさしく揉み洗いをし、十分にすすぎます。

②水気をしっかり切って陰干しをします


化粧筆の乾かし方

柔らかい布やタオルで水気をしっかり拭き取り、形を整えます。
風通しの良い場所に、穂先を下、または平置きにして影干しにします。穂先の根元まで完全に乾た状態を確認してからお使いください。
※ドライヤーの使用や直射日光に当てると、毛を傷める原因になりますので避けてください。

クリーナー

【化粧筆の保管方法】

普段よく使う筆は、スタンドなどに穂先を上にして立てて保管してください。
しばらく使わない場合は、汚れを落としてから購入時に付属していたカバーもしくはブラッシュキャップ等を使って寝かせて保管していただくと形崩れを防げます。
※長期間使わずにおいておくと、カビの発生や筆の劣化に繋がりますのでご注意ください。

【化粧筆の交換時期】

穂先の毛が摩擦によってすり減ってきたら交換をお勧めします。
また、粉含みが悪くなったり、肌当たりが悪くなるなど使い心地が悪くなったり、著しく毛切れや毛抜けが起こった場合は新しい化粧筆への買い替えをお勧めいたします。
※長期間放置すると、毛が朽ちて切れることがあります。長くご愛用頂くためには、毎日使って正しくお手入れをしていただくことが一番です。

毛質について 毛質について 毛質について

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

【夏季休業のご案内】
8月12日(木)~15日(日)は夏季休業のため、オンラインショップの発送・お問い合わせ業務をお休みいたします。
休業期間中にいただいたご注文およびお問い合わせは、8月16日(月)より順次ご対応させていただきます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
※熊野筆ROTUNDAボディブラシ・洗顔筆は、発送までに4~5営業日程お時間がかかります。ご了承のほど、お願いいたします。

ページトップへ