知らないと恥ずかしい!?外熨斗と内熨斗の使い分け

イメージ

結婚祝いに限らず、贈答品を贈るときに必ずと言って良いほど耳にするのが「熨斗紙」という単語。

かしこまった席での贈答品につけるもの。というくらいの知識しかない方も多いのではないでしょうか?
そもそも、「熨斗紙」というものは、”水引”と”熨斗”を紙に印刷した”掛け紙”のことを言い、熨斗紙は慶弔事にあたり、礼を尽くす姿勢を表すものです。
イメージ

では、内熨斗と外熨斗、どのように使い分けるのがマナーなのでしょうか?

外熨斗は、品物に包装紙を掛けた上から熨斗紙を掛けます。表書きがはっきりわかり、どんな目的で、誰からの贈り物かがすぐにわかります。 直接、先方を訪ねてお祝いを渡す場合や結婚祝い・出産内祝いは、外熨斗が一般的です。
イメージ

内熨斗は、品物に熨斗紙を掛けた上から包装紙で包むため、お渡しするときには表書きが見えません。

主に、内祝いに用いられます。
内祝いは、現在では、「お祝いをいただいたお返し」といった捉え方が一般的ですが、本来は、「自分に祝い事があったのでおすそ分けしますよ」という意味が込められており、相手の慶事をお祝いする贈答品ではありません。
そのため、控えめな表現にとどめておきたい内熨斗が内祝いには適しています。
また、最近では、宅配便で贈答品を贈るケースも増えてきています。
宅配便を用いる際は、配送途中で熨斗紙が傷ついてしまわないように、内熨斗を選ぶほうが良いとされています。
イメージ

京都六角館さくら堂では、お客様のご要望にあわせてご購入いただいた商品に無料で熨斗紙をおつけいたします。

結婚祝いや出産祝いなどのほか、さまざまなお祝い事(母の日や成人祝い、就職祝いなど)にご利用いただけるよう、5パターンの熨斗紙をご用意しており、外熨斗、内熨斗の指定も承っております。
商品をご注文の際に熨斗紙をご選択の場合、特に指定がないお客様には、内熨斗でお届け致しますので、配送中に折れたり破れたり、汚れたりする心配がありません。
京都六角館さくら堂では、お品を直接お渡しする際に最適なオリジナル紙袋や大切な贈り物に、
気持ちを伝えるメッセージカードをご用意しております。
ぜひ、御結婚のお祝いに、京都六角館さくら堂の化粧筆をご利用ください。

商品一覧

該当商品はありません

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ